<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タロットカードによる瞑想

 タロット占いを行うのに、イマジネーション(想像力)というのはとても大切な働きをします。それは、タロットによる占いは、「ストーリー作り」が重要だからです。瞑想というのは、このイマジネーション能力を磨くことができる、ということですね。

 まず最初に注意しておきますが、「瞑想」というのは一種の自己暗示による幻想ですので、暗示にかかりやすく抜け出しにくい人は、決して一人では瞑想作業を行わないで下さい。あと、体調や精神状態のすぐれない時には、嫌なイメージが喚起される場合がありますので、そういう時もなるべく避けて下さい。
 それから、瞑想の終了後は、きちんと「自己暗示」を解くことが必要です。そうしないと、日常生活に支障が出る場合があります。瞑想から得られるものは、日常生活とは本来何の関係もないもの。一般社会で普通の人として生きていくためには、そういうことを、きちんと理解しておくことが必要ですね。

 では、心の準備ができたら、瞑想をやってみることにしましょう。

 まず、瞑想には、静かでくつろげる場所が必要です。姿勢は、椅子や床に座るか、寝転んでいてもいいですね。瞑想中は、あまり体位を変えないので、楽な姿勢を保てるようにしておきましょう。

 心を落ち着けてから、適当な一枚のカードを選びます。選び方は、第2-4章と同じやり方で結構です。

 選んだカードを、じっと見つめて、頭の中にその絵を「像」として記憶します。それから、徐々に目を閉じてゆき、実際に見えている像を頭の中に記憶されている像に置き換えていきます。完全に瞼を閉じれば、目の前に見えているように感じる「像」は、頭の中にある記憶像ということになりますね。
 そのままの状態で、心を静かにして呼吸を整え、しばらく待ちます。すると、その像に自分自身が融合して、その中の世界に溶け込むことができるようになります。あとは、「心の赴くまま」に、その世界を探検します。あちこち調べてみるのもいいし、あちこちで話をしてみるというのも、いいですね。まあ、ここでのやり方としたら、先ほどの「カードとの対話」と似たようなものになりますが、一つ違うのは、「意識的に動いてはならない」ということです。あくまでも「心の赴くままに」というのが、キーワードです。意識は「観察と記憶」だけに使って、無邪気なカード世界(自分の分身を含む)を観察してみましょう。

 さて、ひとしきり(最初のうちは、5分程度で充分)探検したら、その世界から抜け出します。ここだけは、意識的に行うことが必要ですね。カード世界の住人にさよならを言い、静かに目を開け、現実世界へと戻ってきます。

 最後は、深呼吸をして、瞑想によって体の中に残っている「カード世界の気」を完全に放出しておきます。大地に触れて「残った気」を流し去るのも、いいですね。
 途中で寝てしまっても、起きた時には忘れずに「残った気を抜く」作業をやっておいて下さい。そうしないと、ボーッとした感じが残ってしまう場合があります。

禅と脳/瞑想地獄変/【展】東京国立博物館・常設展/想像してみてください。/◆スウィートな地獄◆/生き方を軌道修正したわたくし
[PR]
by adati921 | 2008-01-29 22:51

タロットカードの購入方法

タロットカードは、日本国内では、次のような場所で買えます。

占い店
 タロット占いをやっている店には、ミステリーアートと同じように、タロットカード販売を行っているところもあります。そういう店では、通信販売も行っているところもありますので、電話やEメールで問い合わせてみるのも、いいかもしれません。(もちろん、ミステリーアートでも通信販売をやってますので、ぜひご利用下さい。)
 ただ、一般の占い店や通販では、カタログやパッケージの外観だけでカードを選択しなければならないので、パッケージの中のカードの一枚一枚までは確認することができません。だから、実際にカードを買ってパッケージを開けた時に、「しまったぁ・・・」と思うことも、よくありますね。
 私も何度か、そういう目に会っていますので、できれば全てのカードのデザインと、カードの感触を確認して買いたいと思っています。だから、ミステリーアートの店内では、全てのカードを一枚一枚手に取って確認できるような展示方法にしています。これからずっとお付き合いするカードですから、やっぱり納得して買いたいですよね。

カード製造会社
 タロットカードの多くは、外国で製造されています。外国のカード製造業者のいくつかは、直接、個人客に対して通信販売をしていますし、通信販売用のカタログを発行しているところもありますので、英語でメールを書ける人は、カタログを入手して、個人輸入に挑戦してみるのもいいでしょう。ミステリーアートでも、アメリカの U.S. GAMES SYSTEM社の通信販売カタログを販売していますので、カタログ入手をする手間を省くことができます。でも、メール書きや代金振込みの手間と費用のことを考えると、1個や2個の注文では、あまり得策ではないかもしれません。あと、在庫切れの場合も多いですから、注文する時は気長に待つことも必要になります。

デパートやおもちゃ店のカード売り場
 ポピュラーなタロットカードは、デパートやおもちゃ店のカード売り場でも買えます。でも、種類が少ないので、あんまり面白みは無いです。ただし、東京には、割と品揃えのある店もあるように聞いています。

書店
 日本で作られているオリジナルカードは、書店ルートで販売されているものが多くあります。あと、占いの本とセットになっているタロットカードというのもあります。これは、入門用としては、割と使えるものですし、値段もお手ごろです。近頃は、雑誌の付録になっているものもあり、デザインがちょっと子供っぽいですが、これも割と使えるものです。
[PR]
by adati921 | 2008-01-29 22:46 | タロット占い

カバラの理論

「カバラ」とは、ユダヤ教をベースとした、「ユダヤ教神秘主義」のことであり、ユダヤ教徒の間に古くから伝わる神秘的な知識や伝統などの「伝承」です。ここでは詳しく述べませんので、興味のある方は、カバラに関する文献を調べてみて下さい。

 さて、カバラの主要な理論の一つに、「生命の木(カバラの木)」というものがあります。根を上にし、梢を下にする奇妙な木ですが、宇宙の姿を象徴するものとして、カバラでは最も重要な図形です。

 実は、タロットは、この生命の木に対応していると言われているのです。

 
 1 ケテル 王冠

 2 コクマー 叡知(知恵)

 3 ビナー 理解

 4 ケセド 慈悲

 5 ゲブラー 力(峻厳)

 6 ティファレト 調和(美)

 7 ネツァク 勝利

 8 ホド 壮麗(栄光)

 9 イェソド 基盤

10 マルクト 王国
[PR]
by adati921 | 2008-01-27 23:48 | タロット占い

タロットの理論

 そもそも、タロット占いに「理論」などという堅苦しいものはいるのか・・・という本末転倒的議論は差し置いて、とりあえず「理屈」というものは、何をするにしても必要ですよね。

 ここでは、タロットの理論らしきものについて、簡単に述べておきますが、別に理論なんか知らなくてもタロット占いは出来ますし、知っているからと言って占いが当たるというワケでもありません。ましてや、ここに書かれている理論が「正しい」とか「知っておくべき知識である」なんてことは、絶対に言いませんので、安心するなり、失望するなり、勝手にして下さい。

 ただ、一つだけ言っておきたいことは、「タロット占い」というものは、「理屈ではない」ということです。
 全ては、あなた自身の「心」と「魂」に関する事柄なのですから。
[PR]
by adati921 | 2008-01-27 23:42

お気に入り

足立92の占い総合サイト
占いで恋愛タロット
無料のタロット占い情報
タロットで恋愛を占い無料サイト紹介
占いです。恋愛タロット
恋愛 タロット 無料 占い
[PR]
by adati921 | 2008-01-27 23:26