占いに流されないで

占いをはじめるようになると、悪いことが続いた時に「今、私は悪い時期なんじゃないだろうか・・」などととかく気になってしまうもの。これは、あまり良いことではないようです。
占い界では、変化が無い次期を「良い時期」波乱万丈な時を「悪い時期」と定義づける事もあるので「ついてない」という不安な気持ちで占いを見てしまうと、その年、その月、その週やその日の運気が良いか悪いか、それに暮らしを左右されてしまいがちになります。
完璧に当たる占いなど、絶対にありません。あくまで占いは、その内容を自分が解釈し、前向きに捉えて進んでいくための一つのツールにしか過ぎない・・という事を踏まえた上で、利用することをおすすめします。

私の周囲にも占いを趣味にしている女性が何人か居るのですが、彼女らも自分がうまくいかない時や気持ちが停滞している時に、占いの中に明るい未来の姿を求めるなど、ついすがってしまうことがあるようです。
占いの結果は、あくまで自分へのアドバイス。占うときは、希望するイメージをはっきりさせてから望むこと。占いに結果を全てゆだねるのはやめましょう。それもあまりひんぱんにやるのでは無く、何かを決定したい時に、自分の強い意志と共に結果を聞くのが良いのだと思います。
[PR]
by adati921 | 2009-06-29 21:38 | タロット占い
<< 小アルカナ・ソード 占いとは? >>