正位置・逆位置について

タロットカードの「正位置」と「逆位置」についてお話ししましょう。

同じカードですが、上下が逆になっています。左側を「正位置」と呼び、右側を「逆位置」と呼びます。同じカードでも「正位置」と「逆位置」では意味が違ってくることがあります。

そこでカードをシャッフルするときにはカードに「正位置」と「逆位置」ができるような方法をとったほうが良いでしょう。

例えば、テーブルの上にカードをバラバラに広げて、両手でよくかき混ぜるとか、カードの山を3つか、それ以上適当に分けて、上下を入れ替えて重ねてからシャッフルするなど好きなように考えてみてください。

ところで私はあまりこの、「正位置」、「逆位置」にこだわっていません。他の多くのタロット解説書で触れている「正位置」、「逆位置」ですが、このタロット占い講座ではそれらを扱わないことにします。

よく、この「正位置」、「逆位置」を気にしすぎて、カードが逆位置だから何か不吉なことが起るのでは・・・・と、あまりにも安直な回答を出してしまう人がいます。これではせっかく72枚のカードが、それぞれ個性的な意味を持っていても、「正位置」、「逆位置」にこだわるあまりに、「良い」、「悪い」の2つの意味ですべて解釈されてしまうようなものです。

そこで、初心者の方ほど「正位置」、「逆位置」という見方は避けたほうが良いかもしれません。カード1枚1枚に込められた72のストーリーを楽しみましょう!

さあ、今日のあなたのカードは何でしたか?
[PR]
by adati921 | 2008-02-03 22:07 | タロット占い
<< タロット占いは当たるのか? タロットと魔術 >>