恋愛「良縁」「悪縁」

恋愛感って年齢と共に成長していくものですよね。


10代~20代前半までに、結婚した殆どの方達が、外見、容姿に惹かれ、優しくされれば「この人は優しい人なんだ!!」と思い込み、そのまま勢いにまかせ、ゴールインというケースが多いのではないのでしょうか?


20代後半になると、少し考え方が成長して、自分の価値観に合っている人を選ぶようになってくるのだと思います。


そして、30代になると、より考えが深くなり、自分を見つめながら、「これから何をすべきなのか?」などを考えながら、自分と同じ歩調で自然に歩いていけるような人を探すようになっていくわけです。


このように、年代によって、かなり恋愛の対象になる人物象が変化していき、理想と現実のバランスをとっていきます。


そこで、もう一つ大切になってくるのが「縁」というものです。縁には「良縁」と「悪縁」があり、その見極めが、大切で一歩間違えると次の問題になってきます。


昔から「恋は盲目」といわれるように、一度、恋という魔法にかかってしまうと、相手の遣ること、成すことが、すべてが良く見えてしまい、本質を見抜く事が出来なくなってしまいます。


もし、ご自身が彼と知合って、悪い方向に流されていると少しでも感じるならば、それは残念なことに、「悪縁」なのかもしれません。


最近芸能人の酒井紀子さんの薬物逃走事件がありましたが、残念な事にこの夫婦は「悪縁」の方だったのです。


ただ、「悪縁」と言っても、自分の意思でキッパリ断ち切る事は可能なのです。


本来なら、恋愛(結婚)の前に、冷静に判断し対処しなければいけないところなのですが、この恋愛(色欲)というものだけは年齢に関係なく人の判断を狂わせてしまうものなのですよね。


だからこそ、判断ミスを犯さないためにも、第三者に意見を聞くことも大切だと思います。


西洋占星術では相手の本質や運勢、タロットでは気持ち・潜在意識など、目に見えない部分も占う事が出来ますので、1人で判断するよりも、間違いや失敗は極めて低くなるでしょう。


皆様も、一度訪ねてみてから最終決断をされてもいいのではないでしょうか?


[PR]
by adati921 | 2009-10-15 21:18 | タロット占い
<< 相手の気持ちが知りたい タロット占いを応援 >>