幸せになる義務

斉藤一人さんの言葉に、ハッとさせられるものがありました。

「人は幸せになるために生まれてきたんだよ。
 幸せになるのは、権利じゃないの、<義務>なの」

(斉藤一人…銀座まるかん創業者・10年連続で全国高額納税者付けベスト10にはいっている)

権利ではなく、義務。
なぜ「義務」なのでしょうか。

私たちは、自分が幸せではないと、誰かを幸せに出来ません。
人は、自分の持っているものしか、与えられないからです。

もし、あなたが「自分は不幸だ」と思っているなら、
あなたのどこかに、「自分は幸せになってはいけない」と思い込んでる部分がないでしょうか?

幸せになってはいけない。幸せになる資格がない。

そんなふうに思うことは、ちっとも健全ではありません。”自然の法則”に反しているといえます。

なぜなら、この宇宙は、自然は、あなたが幸せになることを望んでいるからです。

自然の法則は、調和に基づいています。

誰かを助け、誰かの為になることで、自分も助けられている。
自然は、ちょうど、完全な”円”になっているのです。

”あなたが幸せになる”ことは、あなたが人を幸せにするための最低限のことであり、最高に喜ばれることです。

”自分が幸せになることを許す”ために、ミューカが常日頃心に刻んでいる文章をご紹介します。


神はあなたが自由で幸福で、喜びに満ちた日々を送ることを欲しています。
神は人々が、そしてあなたが豪華な家に住み、美しく着飾ることを望んでいます。
神はあなたが勝利に輝き、栄光に満ちた生涯を送ることを欲しているのです。

(引用「あなたも金持ちになれる」 ジョセフ・マーフィー著
マーフィー博士の著書のなかでもかなり名著だと思います!幸福な人生を送るために必要な要素「富」を得るためにの実践的な本です。富とは、お金などの物質的なものから、愛や尊敬、自己表現などの精神的富のことも含まれています。マーフィー本は、まずこの本からスタートするのがオススメ)


(マーフィー博士は「神」という表現をつかっていますが、これは「潜在意識」と置き換えてもまったく構わないのです。

博士自身、”無限の心と英知の代名詞として「神」と表現している”と書いています。
マーフィー博士は、「神」の同意語として「潜在意識」「宇宙の法則」「無限の英知」「大いなる生命」などの言葉を使っています。

ようすうるに、自分が一番シックリくる代名詞を使えばいいのだと思います。
たとえば、「神」を「自然」に置き換えてみたらスンナリいくのではないでしょうか?)


自然は、あなたが自由に幸福に豊かに暮らすことを望んでいます。

ただ、あなたが作り出した制限だけが、あなたが、自然からすべての良きものを享受することを防いでしまうのです。
あなたの幸せを邪魔するのは、あなたの中にある”制限”だけなのです。
他の何者でもありません。

心を開いて、自然から、すべての恵みを受け取ってください。
自然の恵み(あなたを自由に幸福に豊かにする働き)は、今、ここにあります。
そここに満ち溢れています。
それは、海のように決して尽きることがなく、永遠に満ち足りています。

観念という名の鎖でしばりつけた心を、開放してあげてください。

あなたは、すべてを受け取る価値があります。

あなたは、今すぐ幸せになるべきなのです。
自然が、宇宙が、あなたに微笑んでいるのを、感じてください。
[PR]
by adati921 | 2009-09-02 22:35
<< 恋愛『相手の気持ちを見抜く』 自分を好きになる >>