小アルカナ・ソード

「ソード」というスートは、攻撃・積極性・困難・苦痛に関する事柄を表しています。
「ワンド」も困難を乗り越える積極性を表しますが、「ソード」は同じく積極的でも、悲劇的な痛みをともなう結果 になってしまいます。「ワンド」での失敗が棒で殴られた鈍痛なら、「ソード」の痛みは文字どおり剣で斬られたような、時には致命的な苦痛です。

世の中には楽しいことばかりではなくつらい事柄がたくさんありますが、カードを見ていると、それを一手に引き受けているかのような、痛々しい絵が並びます。 そんな痛みを抱えながらも、困難に立ち向かうことをやめない、ソードはそんな積極性も表しています。自分も周りをも傷つけてしまう可能性のある攻撃的な行動力です。 だけど、人生泣いてばかりもいられない、悲痛だけれど、こんな強さとパワーが必要な時があるのも確かです。

「ワンド」の情熱と冒険の戦い方とは違い、「ソード」は情報戦というか権謀術数というか、冷静な分析をしながら戦います。なので、その分析や判断が正しいのか、自分1人で悩んだり、ということも「ソード」が表す事柄になって来ます。

※小アルカナは1~10まで、各スートの持つテーマにそって、一つのストーリーがあります。各カードをを一枚ずつ見て行くよりも、そのストーリーを感じながら見て行く方が、それぞれのスートが理解しやすくなります。ストーリーは数字の持つ意味にそって進んで行きますので、「数字の持つ意味」も合わせて読んでみて下さいね。


■ソードのストーリー
ある王様が領土を広げようと、隣国への侵略を決意します。
困難は多そうだけれど、きっとやり遂げてみせる。強い決心でしたが、まずは状況を見極めるために様子をうかがいます。状況に押されるように機が訪れ、王様は侵略を開始しますが、逆に自分の領土を失い国を追われます。

しばらく身を潜めて休む王様ですが、領土奪還への気持ちは消えず再び戦いを挑みます。いろいろ悪どい手も使いましたが、隣国は非常に残虐で王様は敗走します。悔しさは消えませんが今は逃げるしかありませんでした。

陣を組み直し再び敵に対峙する王様でしたが、今度は自分の軍隊の中にスパイがいたのです。スパイは王様を裏切り、多くの兵器を奪って逃げました。王様はだんだん自分の判断に自信を持てなくなり、思いきった作戦をとることができなくなりました。悩み過ぎた王様は過去の失敗にとらわれ、周りが見えなくなり、家来が口々に自分の悪口を言っているような気さえするのでした。

そんなある夜、敵から奇襲を受け王様の軍隊は何もできないまま踏みにじられ全滅、王様は敵の騎士に囲まれその身に剣を何本も受けてついに倒れます。すべてが破滅に向かった夜は白々と、静かに明けて行くのでした・・・。
[PR]
by adati921 | 2009-08-16 00:11 | タロット占い
<< 本音で生きる 占いに流されないで >>